無料で使えるサービスをチェック!賢いレンタルオフィス選び

ローコスト、時には無料!でビジネススペースを確保!効率的に仕事しよう

シェアオフィスで仕事するという選択

働く場所として業務を行うスペースが必要となれば、オフィスを用意する事をまず考えるでしょう。起業をして事業をスタートしようとするタイミングであれば、開業費の多くをオフィスの設営に費やす算段から始めなければならないのは辛い所です。どうせなら事業そのものにもっとその資金を回したいですよね。
そんな時考えるべきは格安物件をいかに探すか、ではありません。事業の為にも利便性が高く、取引先へのフットワークが良い立地をあきらめるべきではありません。
自宅をオフィス兼用とするのはどうでしょうか。自宅を仕事場にしている人は多くいます。メリットも多くあります。まず出社に要する時間が必要ない事。この時間を仕事に充てる事が出来ます。自宅が賃貸であれば経費として按分したものを計上する事も出来ますね。
ですがデメリットもあるのです。事業者として自宅で仕事を行う以上、多くの取引で住所を公にしなければいけない状況に出会います。自宅というプライベートな個人情報を多くの人に知らしめなければならないデメリットは大きいでしょう。
では経費をかけず、プライベートを守り、且つフットワークの良い立地にオフィスを持つにはという難題をクリアするにはどうすべきでしょうか。
働くスペースをレンタルするという選択をとってみましょう。
今、働き方の多様化に伴って、事業者がレンタル出来るオフィススペースは多数あります。そしてそのオフィススペース自体も多様なスタイルが用意されています。
一室を一人で借りるスタイルもあれば1フロアを個室として仕切っているスペースを借りるレンタルオフィスもあります。
又、広い共有空間に仕切りもなく、置かれている個々のデスクをレンタルするスタイルや、固有のデスクすらなく、広いスペースの好きなゾーンを使うスタイルもあります。
様々なオフィススペースをチェックして、自分にとって最適なスタイルを選択しましょう。

働くスタイル次第でより賢く仕事をこなす

まさにこれから事業を展開しようとしている時にオフィスを借り、事務所を一から設えるとすると開業資金の多くを設営に費やす事になります。心情とすればより多くの資金を事業そのものに使いたいものです。最初から一国一城の主にならずとも、シェアオフィスという選択肢はいかがでしょうか。

コワーキングスペースで仕事するという選択

コワーキングとは何も個人で事業を起こしている人のみを指す言葉ではありません。普通に企業に就職されている方でも、コワーキングスタイルをとっている方も多くいます。コワーキングスタイルとは、共有のオープンスペースを他のコワーキングスタイルの人と共有しながら仕事をするスタイルを指します。

ノマドワーカースタイルで仕事するという選択

ノマドワーカーとは一定の所では仕事をしないワークスタイルを指します。一見コワーキングとどこが違うのかと思いますよね。ノマドの語源はnomad(遊牧民)を指します。自由に移動をして様々な場所で仕事をするスタイルをノマドワーカーと言います。ノマドワーカーの多くがコワーキングスタイルをとります。

おすすめリンク

冷凍、冷蔵、チルドの違いは?

ある一定の大きさ以上になると冷凍、冷蔵、チルドがありますが、この3つの違いについて比較しましょう。